株式会社エス・エム・エスキャリア 医療・介護の人材支援キャリア採用

株式会社エス・エム・エスキャリア 医療・介護の人材支援キャリア採用

企画から携わることで、エンジニアとしての価値総量を高めたい。

エンジニア/プロダクト開発部

ブイ ドゥック ロンBui Duc Long

2011年にベトナムから来日。2016年~2019年までシステム開発会社でSEを3年経験。「もっと上流工程に携わりたい」という思いから2019年にエス・エム・エスキャリアに転職。現在は、エンジニアとして社内システムであるSalesforceの開発を担当。

エス・エム・エスキャリアを選んだ理由は何ですか?

1つ目は、企画の部分から携わりたかったからです。来日して最初のキャリアはSIerでした。運用保守がメインで、企画に関わることはありませんでした。エス・エム・エスキャリアの開発現場では、企画段階からエンジニアの巻き込みがあったり、エンジニア起点で企画ができたりする点に魅力を感じました。
2つ目は、医療介護という業界の社会貢献度の高さです。日本では医療介護の人材不足が深刻な問題となっています。当社が医療介護の従事者がイキイキと働ける環境とのマッチングを支援すれば、結果的に問題解決につながります。また、人材不足解消のために、政府は規制を緩和し外国人を雇うことを奨励しており、私の母国であるベトナムからも、多くの人が日本に働きに来ています。日本の医療介護を人材の面から支援することで、日本とベトナムの両方に貢献することができるのではないかと思ったことも、エス・エム・エスキャリアを選んだ大きな理由です。

仕事のやりがいは何ですか?

ユーザーの声を直接聞けることです。前職は2次請けだったため、ユーザーの声を直接聞くことはほとんどできませんでした。私がいま所属しているチームは社内ツールであるSalesforceを扱うため、メインユーザーであるキャリアパートナー(人材紹介部門の営業職)は社内におり、定期的なミーティングで直接意見や要望を聞くことができます。そのため、「自分は今なぜこの開発をやるのか」が明確にできますし、企画から携わるには、それが必要不可欠です。そして、開発したものに対して、ユーザーから直接フィードバックを得られることは大きなやりがいにつながっています。

「エンジニアの仕事のおもしろさ」を教えてください。

「ユーザーの課題を『システム』という目に見える形で解決できること」ですね。ただ、これはエンジニアだけではなく、他の職種にも通じるところがあるかもしれません。例えば、エス・エム・エスキャリアのキャリアパートナーは、求職者さま、事業所さまの課題を「マッチング」という手段で解決します。「システム」という目に見える形にする、という点はエンジニアとは異なりますが、自身の力で課題解決していく、という意味では同じです。
私はエンジニアとしてシステムを作ることはもちろん、ユーザーであるキャリアパートナーの課題を解決することで、その先にいる求職者さま、事業所さまの課題解決にも貢献したいと思っています。そこまでを見通して企画し、そして自らの手で開発することができるのはエンジニアならではで、とてもおもしろいと思います。

エス・エム・エスキャリアの開発現場の雰囲気を教えてください。

雰囲気が良く、年齢も近い人が多いので、とても話しやすいです。分からないことがあればチームの先輩が丁寧に教えてくれます。前職はほぼ1人で開発をしていたので、チームで開発する楽しさを感じています。また、知識の習得に積極的な人が多く、外部の勉強会に参加して、そこでのインプットをチーム内で共有しあったりする文化があります。
また、エンジニアであっても、企画やビジネスへの感度が高いことはすごく刺激になっています。
ちなみに、前職は客先に常駐していて毎日スーツだったので、服装がかなり自由になった今、何を着ればいいのか分からずスーツを着てしまいがちです。とりあえずネクタイだけは外しました(笑)。

これからエス・エム・エスキャリアでどんなエンジニアになりたいですか?

入社して日が浅いので、分からないこと、周囲についていけないことがまだまだあります。まずは、目の前にあるものをすべて吸収し、チームの皆さんと協力しながら仕事をしたいです。
Salesforceエンジニアは人数が少なく、現時点では市場価値は低くはないですが、どんどん新しい技術が出てきており、キャッチアップしなければ置いて行かれてしまいます。知識の習得に貪欲なチームの皆さんから多くを吸収し、将来的には、Salesforceに関するどんな案件でも任せてもらえるようになりたいです。

※エス・エム・エスキャリアのエンジニアのことをもっと知ることができるエンジニアブログはコチラから!
エス・エム・エスキャリア TECH BLOG

JOB LIST募集職種

キャリア登録 簡易登録後、合致ポジションを案内

新卒採用はこちら

PAGE TOP