株式会社エス・エム・エスキャリア 医療・介護の人材支援キャリア採用

株式会社エス・エム・エスキャリア 医療・介護の人材支援キャリア採用

大事なことはえらい人に聞いてみた
「エス・エム・エスキャリアってどんな会社?」

代表取締役社長長井 利仁  ×  介護キャリアパートナー部 部長岩倉 英明

大事なことはトップに聞け。
ということで、当社のことについて、社長の長井と、介護キャリアパートナー部部長の岩倉に聞いてみました。

医療・介護領域の人材不足を解消するのがミッション

最初に、エス・エム・エスキャリアとしてのミッションを教えてください。

長井:当社のミッションは「医療・介護に従事する方々の人材不足を解消するための情報インフラをつくること」です。
高齢化が加速する今、医療介護現場での一番の課題は人材不足です。だからこそ、人を必要としている現場の情報を、求職者の方々に正しく伝える情報インフラが重要だと考えています。

最大の強みは「誠実である」こと

会社の強みについて教えてください。

長井:まず、会社としての実績があると思います。医療・介護のキャリア領域のパイオニアとして、従事者や病院・施設といった事業所の方々から厚い信頼をいただけている実感はあります。

岩倉:長井さんがおっしゃっている「信頼」につながることでもあると思うのですが、当社の大きな強みは、創業以来グループ全体で大事にしている「誠実である」ことだと思います。会社なので数値目標を追うのは当然で、評価も業績に基づいた実力主義です。ただ、そのためにお客さまに対して不誠実なことをすることは絶対に許されません。
私たちの仕事の目的は、「売上や利益をあげる」ことではなく、「医療介護の現場にいる方が、長くイキイキと働くことで、利用者さま・患者さまが幸せになる社会」の実現です。その実現のためには、目先の売上を作るために、無理やり求職者の方を転職させるようなことはあってはなりません。そのために、「誠実である」ことを大切にする。それが組織のDNAとして受け継がれてきたからこそ、信頼をいただけているのだと思います。

先程のような数字の目標がある中で、「誠実」であり続けることはかなり大変だと思うのですが、どうやって実現しているのですか?

岩倉:クレド(※)の存在が大きいと思います。私も中途で入社したのですが、クレドがすごく浸透している会社だな、と驚きました。クレドの中で「適正対価を伴った顧客価値の追求」、「自らに向き合うことによる健全成長」、「プロフェッショナルとしての自覚と責任」など、社会人として当たり前に大事にすべきことが行動指針として定められていて、職務や地位に関わらず、きちんとこのクレドを軸に行動しています。
メンバーが若いからこそ、そして医療・介護に関わるからこそきちんとした会社であらねばならない。その思想で作られたクレドが浸透していることはやはり大きいと思います。

長井:入社時の研修、朝会や全社総会などで、企業理念や行動指針の共有をかなりの頻度、深度で行っており、常日頃から、お客さまに対して誠実に向き合うという「キレイごと」を徹底的にやっていこうということを伝えています。

仕事も自分の人生も全力でがんばりたい人には
ピッタリの会社

エス・エム・エスキャリアで働くことの魅力は何ですか?

岩倉:仕事も全力でがんばりつつ、自分の人生も大切にしたい方には本当にピッタリな会社だと思います。当社を選ばない理由がないくらいです(笑)。
当社では高い成果が求められる一方で、完全退社時間が決められています。また、PCや社用の携帯電話の持ち帰りは原則禁止ですし、休日出勤もほぼありません。つまり、限られた業務時間で効率的に成果を上げることが求められます。そのために自分の進捗を把握して改善案を考え、実行していくPDCAサイクルを高速で回すことが求められますが、それができるようになると社会人として非常に大きな財産になると思います。
業務時間は集中してパフォーマンスを発揮し、それ以外の時間では家族との時間や自己研鑽など、自分の人生を大切にする。そんな働き方ができるのは魅力だと思います。

長井:会社が成長しているので、ポストがどんどん生まれます。つまり、若い方や社歴が短い方でもリーダーになれるチャンスがたくさんある。これも魅力だと思います。

2025年までに
「お客さまに一番に選ばれる存在」になる

当社で活躍している方はどんな方が多いですか?

岩倉:2つあると思っています。まずは素直であること。これは本当に大事です。変化の激しい環境の中で成長し続けるためには、他者の意見やフィードバック、お客さまの声などを素直に聞き、自分の仕事に活かすことは不可欠です。2つ目は「なりたい自分の姿」など、先にあるゴールに向けた通過点として、眼の前の目標達成をとらえられる方。目指すものがあることが、前に進む原動力になっている方が活躍していますね。

長井:当社は意外と人材業界以外の業界から来られる方が多いですが、岩倉さんの言う素直さと、柔軟な姿勢は不可欠だと思います。経験から来る思い込みや固定概念を捨て、変化を受け入れながら前向きに取り組む姿勢は大切ですね。
また、「回復力」も必要です。人と向き合う仕事なので、どうしても思い通りに行かないことや大変なことも出てきます。その中で自分を励ましながら、「次は何ができるだろう」と改善に向かっていける人が活躍しているように感じます。

最後に今後の展望を教えてください。

長井:まずは2025年までに、今の就業支援を中心とした領域でお客さまに信頼され、一番に選ばれる存在になっていきたい。そのためにはもっともっと信頼を積み重ねていく必要があると思っています。グループ全体として、医療・介護領域の就業支援以外にも、未病や予防といった領域にもチャレンジしていて、少しずつ芽が出はじめており、これもより推進していきます。
私たちは「世の中をもっと良くしていきたい」と思って業務に取り組んでいます。そんな志に共感している仲間たちとともに働けるのはとても幸せなこと。今後も、そんな仲間をもっと増やしたいと思っています。

ありがとうございました。

JOB LIST募集職種

新卒採用はこちら

PAGE TOP